RSS Feed

2010年 9月 一覧

広島湾カキいかだの近くまでハマチが来襲!釣り時ですよ

2010/09/28 by kai
20100928161824.jpg

今夜のお刺身ゲット!80センチ強
ここ何日かで、沖美町美能沖にてハマチが釣れています。毎年この時期になると、イワシを追って、はまちの群れが来ます。釣り応えがあり、はまります。子供たちも、ハマチを釣り上げ、家にはまちを抱えて帰ってからも、興奮して釣りの様子を話していました。我が家では、ハマチの刺身、ハマチのしゃぶしゃぶ、ハマチの身のぶつ切りと玉ねぎを串に交互に刺して塩焼きにして食べています。お好みのドレッシングにて。この間、呉市の鮨屋に寄ったところ、天然はまち~って出ておりました。そちらでは、ハマチ以外のネタをいただきました。

動画はこちら
http://www.teramotosuisan.jp/movie/index.html

 

八幡神社 秋の祭礼

2010/09/18 by kai

2010年9月18日・19日、江田島市内の江田島・大原・中町八幡神社において、豊穣や大漁を祈願してお祭りが行われております。この度は、中町の八幡神社を参拝しました。
この日には、昼夜と多くの参拝者が訪れます。神社周辺には、神社の名前の入ったのぼりが立てられています。のぼりを見つけた時は、胸がわくわくと高まり、子供も大人も祭りの日を、何日も前から、楽しみにしていることでしょう。

昔から続く奉納の舞では、巫女、お多福、獅子、堤婆(だいば)が情感あふれる演技を披露し、雅楽(がく)の音と、勢子(せこ)が演技を盛り上げます。地域住民が太鼓の打ち方を小学生の子供たちに教え、笛に合わせ練習を重ねます。住民が一体となり、伝統を守り続けているのです。幼いころの楽しかった祭りの思い出が、今も祭りに行くたびに、忘れていた何かとともに、思い起こされます。

?

夜の8時、中町の八幡神社の境内では、雅楽(がく)による太鼓と笛と鈴の音が鳴り響いていました。太鼓の音は、真剣な表情で一生懸命に打つ姿を見ていると、とても心に響いてきました。色彩豊かな衣装を身にまとっています。
夜店が立ち並び、大人も子供も楽しんでいます。鳥居にほのかに光があたり静かにたっています。良い雰囲気ですね。
?

夜店では、もちろんのこと金魚すくいをしました。子供が沢山の金魚をすくえるように、強い紙などもあり、楽しめます。金魚を追いかけるものの、上手に逃げてゆくので、追いかけすぎると破けてしまいました。皆、自分ですくった金魚に大満足の様子です。
輪投げやくじ引き、わたがし、きりぬきなどあり、楽しい夜になりました。

 

風向きによってはまつ毛がチリチリ、オーマイガー!

2010/09/08 by kai
20100908062516.jpg

ムラサキ貝が付着すると成長が早いため牡蠣を包み込む可能性があるため手間を惜しみません!牡蠣を殺さずムラサキ貝だけを殺すタイミングは長年の経験です。毎年ではありませんが冬の終わりが遅い年に異常発生してる感じがします。

 

ガスバーナーでムラサキ貝を焼き殺す

by kai
20100908062930.jpg

通常2月から6月にかけてムラサキ貝の幼生が海面から5メーター前後まで付着するため針金を5メーターつなぎ合わせて付着を避けるのですが今年はムラサキ貝が異常発生したため付着を避けることができなかったためガスバーナーの出番です!