RSS Feed

2014年 11月 一覧

沢山の牡蠣を乗せて帰港しました

2014/11/21 by 寺本水産

おはようございます

今日も沢山の牡蠣を水揚げして来ました。

天気も良く、その分冷え込んでいますが、おいしい牡蠣が育っています。

皆様のお手元へお届けできるよう頑張っています。

沢山の広島牡蠣を積んで帰港中

この広島牡蠣は、寺本水産オンラインショップで販売しています。
新鮮な広島牡蠣をどうぞご賞味ください。

 

この時期、早朝から海に出て牡蠣の水揚げをしています

2014/11/20 by 寺本水産

みなさん おはようございます

この時期、早朝から広島湾の海に出て、この写真のように広島牡蠣の水揚げを行っています。

写真は天気がとても良い時の水揚げでした。

これから先、冷え込むようになりますと、ますます美味しくなってまいります。

寺本海産の牡蠣を皆様の食卓へお届けいたします。

牡蠣の水揚げ風景

牡蠣の水揚げ風景

 

只今、ご注文いただきますと増量でお届けいたします

2014/11/11 by 寺本水産

いつも寺本水産をご利用いただき、ありがとうございます。

只今、11月末までにご注文いただきますと、殻つき2個、またはむきみ50g増量してお届けいたします。

もちろん、配送料無料です。

どうぞ、この機会に、お申込みください。お待ちしています。

早期ご注文特典

 

 

牡蠣にとって極上の時期がやってまいりました。広島牡蠣の老舗、寺本水産をご紹介します。

2014/11/10 by 寺本水産

広島湾で牡蠣を水揚げする様子や、熟練のお母さんたちが手早く牡蠣を打つ様子を、動画でお伝えします。

寺本水産の牡蠣は、広島湾の最高の「あじろ(漁場)」、奈佐美瀬戸で育った牡蠣を、おいしさそのままに、お客様のお手元へ直接お届けします。

 

その他、寺本水産の日常も動画でご紹介しています。こちらからご覧ください。

広島牡蠣の老舗 寺本水産 

 

今年も頑張ります!! 寺本水産の商品は、全て送料無料でお届けします

2014/11/09 by 寺本水産

毎年好評を頂いております、寺本水産の牡蠣。 今年も日本全国へ送料無料でお届けします。

 

商品は生ものですので、クール便でお届けします。

 

丹精込めて育てた、寺本水産の美味しい広島牡蠣をどうぞご賞味ください。

 

寺本水産の”あじろ(漁場)”を、空からご紹介します

2014/11/08 by 寺本水産

寺本水産が代々受け継いできた あじろ(漁場)は、潮流が非常に早い場所「奈佐美瀬戸」にあります。

この寺本水産のあじろ(漁場)を、本日は空からご案内します。

大きい地図で見る場合はこちら

寺本水産の”あじろ(漁場)”は、山からのミネラルが豊富に流れる位置にあって、牡蛎のエサとなる良品なプランクトンが多く生存する恵まれた環境にあります。
これからのシーズンは、毎朝3時頃に出かけて、夜明け頃に沢山の牡蠣を積んで帰ってきます。
皆様のお手元へ美味しい牡蠣をお届けします。

 

牡蠣レシピをご紹介します

2014/11/07 by 寺本水産

寺本水産のホームページには、かきレシピを掲載しているのをご存知ですか?

おいしい調理例として下記の内容に分けてご紹介しています。

おもてなしレシピ

  • 牡蠣とオリーブのオイルマリネ
  • 牡蠣チャウダー
  • 和風パスタ  ガーリックバターソテー
  • 牡蠣のチーズパン粉焼き
  • 牡蠣のオイル焼き
  • 牡蠣のホイル焼き
  • 牡蠣リゾット
  • 牡蠣ベニエ
  • 牡蠣とりんごのソテー

あったかお鍋レシピ

  • 豆乳みそ鍋
  • 牡蠣すき焼き
  • 牡蠣のとろとろクリーム鍋
  • 海鮮水炊き

特別レシピ

  • 牡蠣のレモン添え
  • 牡蠣の海水ジェリーがけとキャビア
  • 牡蠣のタルタル仕立て
  • 生牡蠣の青コショーとミカンのドレッシング
  • 牡蠣のマッシュルーム風味グラタン
  • 牡蠣のトマト風味のパン粉焼き
  • 牡蠣のブルゴーニュソース
  • 牡蠣の香草風味スープ

簡単レシピ

  • 炊飯器で美味しく作る
  • 牡蠣の炊込みご飯  ふっくらジューシーな牡蠣フライ

お客様の声
皆様から頂きましたお喜びの声を、写真とともに紹介させていただいています。

 

牡蠣料理のご参考になさってくたさいね。

寺本水産のかきレシピのページはこちらです

IMG_0090

 

 

かきの表示例

2014/11/06 by 寺本水産

下図のような表示がされています。

表示

お店では、「生食用」と「加熱調理用(ナベ・フライ用)」の2種類が販売されています。
酢かきなど、生で食べる場合は、必ず「生食用」を使いましょう。

消費期限の表示をよく確めてから購入しましょう。

 

下の写真は、寺本水産の生食用牡蠣の表示です。

image

 

牡蠣料理のワンポイントをご紹介します

2014/11/05 by 寺本水産

牡蠣料理のワンポイントです。
美味しくいただくためのコツをご紹介します。

《洗う》
牡蠣を洗うときは、ザルに入れて、水道の水を流しながら振り洗いします。かきのつやと弾力を失うことなく洗えます。
塩水や大根おろしを使って洗うといいですよ。

《水切り》
水洗いしたかきはザルに上げて、水気をよく切ります。
ふきんの上に並べて水を切れば早くできますよ。

《お酒を振りかける》
水気が切れたら、お酒を少量振りかけておきましょう。
牡蠣の味が一段と引き立つこと間違いなしです。

《火かげん》
牡蠣料理に特に大切なのがこの火かげんです。
煮過ぎ、焼き過ぎ、上げ過ぎにならないように気をつけましょう。
かきの身がふくらんで黒い縁が縮みはじめたときが食べ頃ですよ。

《酢がき》
必ず生食用を仕様してください。水洗いしたあと酢洗い(酢を少し振りかけます)しておくと、水っぽくなく美味しく食べられます。※寺本水産の牡蠣はすべて生食用です。

《冷凍保存》
一粒づつ分けて冷凍します。カキフライにはころもを付けて冷凍しておくと、そのままフライにできて便利ですよ。

 

ワンポイント

 

かきの保存方法のご紹介

2014/11/04 by 寺本水産

かきは生ものですので、鮮度と取扱には十分注意しましょう。

《冷蔵保存される場合》
必ず冷蔵保存してくださいね。
(このとき、水洗いせずにそのまま冷蔵庫へ入れます。)
冷蔵庫へ保存しても、なるべく早く食べるように心がけてください。

《冷凍保存される場合》
冷凍する場合は鮮度の低下した牡蠣はさけてください。
解凍したときにドリップが多く出て、おいしくなくなります。

 

かきの保存方法