ふっくらジューシーな牡蠣フライ

広島牡蠣を養殖業者が直送~新鮮さが違います 寺本水産

ふっくらジューシーな牡蠣フライ

材料

生牡蠣 お好みで
塩・こしょう 適宜
小麦粉(適宜)、卵1個、パン粉(適宜)
揚げ油 適宜
その他 付け合せにレモンやパセリ、ゆずなど
  • 1生牡蠣は薄い食塩水で数回振り洗いし、ざるにあげて水気をきっておく。卵はよく溶いておく。バットに小麦粉とパン粉を入れておく
  • 2クッキングペーパーの上に牡蠣を並べ、上から一枚かけ、そっと水気をとる
  • 3牡蠣に塩・こしょうをかけておく
  • 4小麦粉をまぶす。まぶした後は、はたかずにたっぷり小麦粉を隙間なく、まぶしておく
  • 5溶いた卵をしっかりつけて、パン粉をまぶす。パン粉の上に牡蠣を置いたら、上からもパン粉をかけてパン粉ごと手ですくい、やさしく握りすぎないよう、丸い形に整える(※火の通りが均一になる)
  • 6揚げ油の温度は180度位にし、手で牡蠣を包むような感じで形をくずさないようにし、ゆっくりと油に入れる
  • 7油の温度を調節し、身の大きな牡蠣は、3分半位でさっと揚げる。ふっくらジューシーに揚げるには、レモン色になるまで揚げて、8割程度火が通った状態で引き上げる(※後は余熱で芯まで熱が入っていく)。くし型に切ったレモンやぱせり、ゆずなど季節のものをそえる

牡蠣のご注文はこちら

コツ

  1. 乾燥パン粉を使用する場合、パン粉が固いため、びっしりまんべんなくまぶすことが難しいので、生パン粉がない場合は、霧吹きで少しパン粉に水分をプッシュすると、生パン粉に近いものになり扱いやすくなる
  2. 数回に分けて揚げる場合は一度揚げたら火を止め、取れた衣を取り除いてから再び油を温める。このとき、温度が上がりすきないように。油がこげた感じになってしまう
  1. 炊飯器で美味しく作る 牡蠣の炊込みご飯
  2. ふっくらジューシーな牡蠣フライ

寺本水産 広島県江田島市沖美町美能999-1 TEL:0800-123-0312  FAX:0823-47-0152